あなたが受けられる公的支援・手当を調べよう

離婚後に気がかりなのが収入面の不安となりますが、特に専業主婦だった女性の場合には不安が

強くなります。男性の場合には収入があるのが一般的ですから、特に支援を受けることは無い訳

ですが、女性の場合には公的支援を活用して生活を楽にすることを考える必要があります。

支援には様々なものがありますが、国民年金保険料の減免や所得税や住民税の軽減は誰もが受

けられる支援となります。子どもがいる母子家庭の場合には児童扶養手当が受けられますので、

収入に不安を持つ女性には大きな役割を果たします。人口が減少している地域では独自の制度を

追加で行っているところもあり、受けられる金額が高くなるなど自治体によって様々な制度が

運用されています。母子家庭では公営住宅に優先的に入居できるようにする制度が導入されて

いることが多く、収入により家賃が決められているため一般の賃貸物件よりも生活を楽にする

ことが可能です。離婚後に女性が単身で生活するには苦しい状況がありますが、子どもを扶養

することになれば様々な支援が受けられるため、離婚後の生活にも安心感を持つことが可能で

す。特に金銭面では養育費が十分にもらえなくても支援制度を利用すれば一定の水準を確保

することが可能なのです。