遺児福祉手当

2014.9.6|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

子どもを持つ親なら知っていて当たりまえの児童手当ですが、その他にもいくつもの種類の

助成金が存在します。

その中の一つに遺児福祉手当というものがあります。どうでしょう、耳にしたことがあるで

しょうか。

実際に適用になっている方を除いてはなかなか知らない方が多い助成金です。

さて、この手当というのは、父母などが病気や災害などで亡くなったり、障がいを持つ状態

となってしまった場合にその子どもを養育している方に支給されるものです。

なお、自治体により細かな条件の違いがありますので実際には住んでいる自治体に確認する

ことが必要です。

一般的な対象者は上記の通り、児童の父母等が病気や災害等により死亡した場合、

児童の父母等が障がいの状態となった場合等になっています。

その中でも対象から除かれる場合があります。それは、保護者の婚姻等により児童がその

配偶者に養育されるようになったとき、保護者が障がいの状態から脱したとき、遺児等が死亡

したとき、遺児等が支給を受けている自治体から転出したとき等となっており、いくつかの

要件があります。

支給額は自治体によりだいぶばらつきがありますので確認が必要です。

この手当は児童の心身の健やかな成長に寄与するために支給される制度であり、その他にも

さまざまな情景から必要な人に必要な助成がなされるように助成金が定められていますので

アンテナを張っておくことが重要となります。”

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。