児童育成手当

2014.9.6|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

子供11児童手当と一口いいましても、支給内容によっていくつかの種類があります。

児童育成手当、障害児福祉手当、特別児童扶養手当、児童扶養手当などがあります。

育成手当というのは、児童の福祉の増進を図ることを目的として手当のことです。

児童の心身の健やかな成長に寄与することがその趣旨となっています。

障害児福祉手当とは、重度の障害があり児童がいる場合に適用される手当のことです

20歳未満の子で、常時介護を必要とすることが支給の条件です。

特別児童扶養手当は、障害児に対して支払われる手当のことです。

1級と2級に分かれており、1級は月に50400円、2級は月に3357円です。

児童手当における注意点は、次のようなものです。

まず、児童手当を受ける資格があっても、申請を行って認定を受けなければ支給される

権利がないということです。

また、申請が遅れるなら、資格があっても以前の分を受け取ることができません。

児童手当の支給を受けるにあたってこのような点を注意しておきましょう。

さらに、制度そのものが永遠に存在するかどうかはわかりません。

国家や自治体の財政の変化、景気の動きによっては、制度そのものが廃止される可能性も

視野に入れておかなければなりません。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。