児童手当の種類

2014.9.1|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

子供02手当は大人だけでなく、子どもが受けることもできます。手当の中には、特定の子どもが受給

できる手当もあります。種類はさまざまで、それぞれ内容が違ってきます。どのような手当が

あるか分からないという方も多いと思いますので、説明したいと思います。子どもの手当てには、

児童手当というものがあります。この手当には、さまざまな種類があります。例えば、子ども

手当や児童育成手当、児童扶養手当、特別児童扶養手当などがあります。子ども手当は

中学校修了までの子どもがいる家庭に支給される手当です。支給額は年齢によって違っていま

す。児童育成手当は父母が離婚したり、親が重い障害を持っているなどといった理由がある

子どもに支給され、児童1人に10000円程度の額が支給されます。児童扶養手当の支給要件は

児童育成手当とほぼ同じとなっています。支給額は子どもの人数に応じて加算されるよう

になっています。特別児童扶養手当は未成年で身体障害者手帳1級から3級の児童などが受給の

対象となっています。障害の重さによって、支給額が違ってきます。子どもが受給できる

手当てには、このようなものがあります。手当を受給するには、受給するための申請をする

必要があります。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。