生活保護

2014.9.6|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

生活保護で受けられる優遇は次のようなものになります。

まずは生活扶助、受給者にとっての日々の生活資金になります。

続いて住宅扶助、住居の家賃や引っ越しの際にかかる敷金や礼金などが全額支給されます。

また、義務教育中の子供を育てている場合には教育扶助が受けられます。

給食費、学用品代、遠足費用や修学旅行の費用などを指します。

医療扶助では福祉事務所に相談をする事で医療券を発行してもらえます。

この医療券により受診をするという仕組みです。

診療費用や交通費、入院の際の雑費など、治療にかかる一切の費用を扶助してもらう事が

出来ます。

生活扶助支給総額は家族数、地域、年齢により基準に基づき算出されます。

申請手続き方法も市町村によって違いますので、お住まいの地域の申請方法を調べて行う

必要があります。

厚生労働省のサイトに地域の福祉事務所についてのページがありますので、参考にされるのが

良いかと思います。

やむを得ない事情により保護を希望する場合には、福祉事務所へ相談に行きましょう。

担当職員との面接をし、困難である状況を詳しく聞かれます。

面接が終了すると必要書類を渡されますので、記入後に提出しましょう。

その後、訪問調査・決定・受給開始という流れになります。

もちろん、受給資格に満たない場合には申請はとおりません。

ご自分の現在の状況が本当に受給を必要としている程困難であるかどうかを十分に考えてから

申請を行う必要があります。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。