所得税・市府民税の軽減

2014.9.6|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

国民が、国や地方自治体に納める税金の中で大きな割合を占めるものに所得税と住民税

があります。

そこで気になるのがいくら納めなければいけないのか、ということですが、納める金額は

人により異なります。それはその人の収入に合わせて金額を定めているからです。多くの収入

を得た人はそれに見合った額、少ない収入の方はそれに見合った額、収入があってもとても

少ない人は非課税ということもあります。

それでは住民税についてみてみます。住民税とは、1月1日現在の住所地の自治体に対して

前年の1年間で得た収入により税金が定められ、6月以降に支払っていく税金です。

大阪市を例にすると、一定の生活保護受給者の方、障がい者等で前年の合計所得金額が125万円

以下である方、前年の合計所得金額が、定められた算式で求めた額以下である方などと、細かく

規定されています。

そして要件にあった方は、個人市府民税が非課税となったり軽減されたりします。

同様に、所得に対する税金にも軽減要件が細かく定められています。

このように、税金額の計算は大変複雑ですが、所得が少ないだけでなく扶養の状況や医療費

の状況、住宅ローン等と様々な要件で軽減されます。そして、関係機関に問い合わせると

詳しく教えて頂けますので、しっかりと活用していただければと思います。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。