水道料金・下水道使用料の減免

2014.9.6|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

a0002_000036水道料金や下水道使用料の減免は、自治体に寄って定められているところがあります。

一般的には、自治体の長が、公益上必要と認めた時にその他の特別の事情がある時に、

使用料を減額し足り免除したりして、徴収を猶予することができるようになっています。

大規模な災害や特別なやむを得ない状況が起きた場合です。

そして、減免を定めている自治体では、生活保護世帯、障害者世帯、介護保険で要介護認定の

方が居る世帯、母子世帯などに対して適用をしています。

ただ、これらの制度を知らない方も多く、自治体側から率先して勧めることもないので、

該当者は自ら申し出て相談するようにしなければ、安くなったり免除されたりと言うことは

ありません。

そのためにも、お住まいの自治体に置いて、水道や下水道の料金についてだけではなく他

にもどんな制度で減額されたり免除されたりするのかを知る努力も必要でしょう。

自治体の広報誌だと誰もが気軽に目にしやすいので、便利です。

不明な点を詳しく問いあわせるにも分かりやすいのが広報誌です。

出来るだけ、そのような制度があることを把握できるようにしておくためにも、自治体の

制度にどのようなものがあるのかを知っておきましょう。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。